2017年10月05日

ゴミ箱

KIMG0132 (1).JPG

八王子アウラに通う道で、こんな物を発見。
コンクリート製のゴミ箱の名残。
子供の頃は、どこの町内にもあったけれど、今と違って
捨てるゴミは驚くほど少なかった。
確かゴミ収集も、月に1回とか、少なかったと思う。
私の実家でも、生ゴミ、紙ゴミなどは、裏庭に穴を掘って
ある程度、溜まったら、燃やして、その穴を埋めながら
隣に次の穴を掘ってた。
当時は「包装」と言う文化が無くて、日々の買い物は
買い物カゴ持参で、野菜などは裸のまま。
包む事が必要なものは、新聞紙で。
豆腐など、パックが必要な物は、鍋持参で買いに行ってた。
ビニールなどの包装が無い時代は、ゴミも出無かった。
この写真のようなコンクリート製のゴミ箱が登場したのは
少し後の話で、私が子供の頃は、焦げ目を付けたような
黒い色の木製だった記憶が。
今、我が家で出すゴミの大多数は、ビニール・プラごみ。
確かに生活は、便利になったけれど・・・
posted by Princess Pink at 18:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする