2019年11月22日

少年二人

4~5歳の少年二人が「押した」
「押して無い」と互いに泣きながら
ずっと何度も言い合いながら通って行った。
きっと、どちらも本当なのだろう?
押されたと言う少年は、そう感じたのだろうし
押して無いと言う少年は、押した覚えが無いのだろう。
互いに自分の感じた事「だけ」を真実だと思い込んで
相手の同意を要求している。
大人も、いろんな場面で同様の押し問答がありそうだ。
互いが、相手は、そう感じたのだ・・・と言う事を
取りあえず受け入れる懐を持って居たら、多くの問題が
問題じゃ無くなるかも?
そうすれば、互いが、うんと楽に過ごせるし、互いが
感謝して過ごせる気がする♫
posted by Princess Pink at 17:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする