2018年02月02日

創作

昔々、本が好きで本屋でバイトしてた事がある。
バイト代の何割かは、本代に化けたけれど・・・
その頃、太宰治全集を買って、片っぱしから読んだ中に
創作について書かれ、印象的で心に残った言葉がある。
「この部分は、どうしようか?と少しでも迷った部分は
断じて捨てなければならない。切り捨てて切り捨てて
残ったものだけが、純粋な芸術になる」と言うような
内容だった。
その言葉は曲を作る時にも、常に忘れないようにしている。
けれど、先日、書き上げた曲に運指を付けてて、ふと
「中間部は魅力的だけど煩雑かも?」と思い、違ったアイデアで
書き直して見た。
結果・・・どちらも捨て難い。
捨て難いからと言って、両方を採用すれば、良いって訳では無い。
結局、1案と2案の2タイプの曲ができてしまった。
こう言う場合、必ず、どちらかを捨てて来たけど・・・
今回は、お渡し先がある曲なので、両方に送って、先様に
選んで頂く事にしよう・・・うん、それがいい♫(笑)
posted by Princess Pink at 19:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください